日本で最も美しい夕陽の郷 ゆりがねの湯

目に入る自然をひとりじめ
湯けむり立ち上る美人の湯の里

八溝山系のふもとに位置する那珂川町馬頭、縄文・弥生時代からの歴史の息づく静かな町です。
町の中央を流れる清流「那珂川」のほとりには馬頭温泉郷があり、
湯質は非常に滑らかで特に「ひふ」に良いことから、「美人の湯」として、よく知られています。
「ゆりがねの湯」もそのひとつで、四季折々の表情を見せてくれる山並みと、
那珂川の清流が一望できる、高台にあります。
泉質は、アルカリ性、無色透明無味の単純泉で、リュウマチ性疾患、運動機能障害、
神経痛や疲労回復に良く効く温泉です。
日々の喧噪を、しばし忘れて、からだも心も夢ごこちのひとときを、おすごしください。

TOPICS